About

Pictor

ギャラリーの名に冠した Pictor は、88星座の一つ “画架座”を指すラテン語です(画架=イーゼル)。

星座のように好奇心を掻き立て、時間と空間を超えて人の心に触れる作品を届けたいという思いから、この名を選びました。

"Pictor," the name of the gallery, is a Latin for one of the 88 constellations which implies a painter's easel. We will introduce you the works which, like constellations, draw your curiosity and touch your mind over time and space. 

Policy

 ギャラリーピクトルでは、センセーショナルなテーマや表現に流れることなく深い内省と洞察をもって人間と社会をみつめ、コンセプトだけが先行するのではなく美術的表現の絶え間ない研鑽に支えられた作品を紹介していく所存です。

 今日、芸術の概念は多様化し、リレーショナル・アート、ソーシャリー・エンゲージド・アートなど、コンセプチュアルな側面がより強調されるようになっています。このことは、アーティスト=作家の「社会性」が評価されるという意味で歓迎されるべきでしょう。しかし一方で、芸術作品の物資的性質が帯びる美学的な側面は相対的に軽視される傾向にあると感じています。

 かつて英国の美術批評家ハーバート・リード(Herbert Read, 1893-1968)は、芸術作品は物質的な諸性質が知覚されるとともにそれが情緒・感情と一致する時に表現として完成するという意味のことを述べています。物質的な性質の美ー美術的表現と情緒・感情との一致は、おそらく作家が日々行う制作行為から生まれます。例えばベルギーのある画家は、20年もの間継続して裁判所へ通い、様々な感情をたたえる人間の姿をデッサンし続けました。

 ペインティングやドローイングといった表現手法は、作家に嫌でも身体的な修練を強いるものです。だからこそそれが作家の情緒や感情と一致する瞬間をもたらし、鑑賞者にも深い感動をもたらすと信じています。

We there introduce artists who, never floated to sensational themes/expressions, observe people and society sincerely with deep reflection/insight, enthusiastically training themselves for the aesthetic ways.

    The scope of art being much diversified recently, its conceptional aspect is often emphasized such as the relational art and the socially engaged art. This may be good in that artists are evaluated by their “social presence”, however, the aesthetic of physical implication should rather be appreciated.

    Herbert Read (1893-1968), a British art critic, once said that it is true to say that "art is expression" when the perception of material/physical qualities is made to correspond with emotion or feeling. Those process, i.e. correspondence of physical appearance and emotional implications might probably evolve from artists’ daily tries.  A Belgian artist, for example, kept visiting a court for 20 years and drew human figures with various emotions.

    Painting and drawing require artists a successive physical training, which, we believe, creates a chance of it to match their intention, giving a deep impression for the viewers.

Gallery

 当ギャラリーは3階建てビルの2階・3階に位置し、展示スペースは2室から成ります。北西向きの全面曇りガラスを通して柔らかい自然光の入る明るい空間です。

The gallery is located on the second and third floors of a three-story building, and the exhibition space consists of two rooms. It is a bright space that soft natural light enters through a full-face frosted glass facing northwest.

Owner/ founder

山本 紗知

画業を営む両親の元に生まれ、幼少期より美術に親しむ。監査法人グループ等にて企業のESGマネジメントコンサルティングに従事した後、ギャラリー設立。

1999年神戸大学卒業、2015年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。東京大学主催・文化庁推進事業「社会を指向する芸術のためのアートマネジメント育成事業(AMSEA)」2017年度修了生。

Sachi Yamamoto

Born to the parents who both devoted themselves to painting and grew up familiar to art. After engaged in ESG-management consulting for companies in the audit corporation group and others, founded the gallery.

- Graduated from Kobe University in 1999 

- Master's Degree at Graduate School of Media and Governance, Keio University in 2015 

- Alumni of "Art Management of Socially Engaged Art (AMSEA)" conducted by the University of Tokyo, sponsored by Agency for Cultural Affairs in 2017