星野 美津子 展 -touched- アーティストステートメントの追記 / Artist's Additional Statement for -touched- by Mitsuko Hoshino

作品名:floriform(本展覧会の延期後に制作)



(English follows after Japanese)


当初2020年4月に開催予定でした「星野美津子展 -touched-」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令により開催を延期し、11月28日〜12月20日の日程で開催する運びとなりました。

星野はこの予期してなかった事態の中で、追加の作品制作を行ったほか、展覧会のタイトルとした touched の意味を再考し、「2020年11月の追記」を記しました。2020年2月に書かれた当初のステートメントと合わせてご紹介します。



アーティストステートメント(2020年2月)


作品というものが作家というフィルターを通して立ち現れる現象だとしたら、この「わたし」とは何だろう? 生温かく柔らかく外界から守り隔てる皮膜で覆われた、水分を多く含む生命体 - そして周りを見回せば、この世界には皮膚よりも更に強固に人と人を分割し隔てる境界線がそこここにある事に気がつく。

どこまでも広がる大きな空の、水面の漣に静かにゆらめく青に引き込まれそうになる時、境界という概念はその曖昧な水の膜と一緒にゆらゆらと頼りなく、そしてわたしの心もざわざわと揺れる。そもそも境界なんていうもの自体、曖昧な定義や勝手な解釈や偏見から創り上げられたただの幻想なのかもしれない....

この作品展のタイトル touched という単語には、touch(触る)という動詞の過去形や「筆のタッチ」などのほかに「心の琴線に触れた」とか「祝福」などの意味があります。そのぼんやりとした境界面に触れて、その向こうにあるものを手探りで確認するような作業、その跡形。生きているこの時間の流れの中でふとわたしの心に触れたものから生まれた線や色や形が、誰かの心のどこかにそっと触れてくれる事を願いつつ。

2020年2月

星野 美津子


2020年11月の追記:


Covid-19 の世界規模の感染危機の為に、私たちは「触れる」「触れられる」ということについて大きな再確認をすることとなりました。現在わたしの住むヨーロッパでも、日常挨拶のキスやハグ、弱々しいお年寄りの手を優しく撫でたり摩ったりしてあげることなどが「禁じられた行為」となったことによる人々の混乱とストレスは大きく、それは身体的なことだけでなく心にとても大きな不安感を与えていることをダイレクトに感じています。

触るという行為はとてもストレートなコミュニケーション方法ですが、アートもまたコミュニケーションです。

私たちは、皮膚というものを他と己を隔てる境界線のような存在だと意識すると同時に、この皮膚を通り抜けるエネルギーの交換、交感というものがいともやすやすと行われていることを感覚しています。泣いている赤ちゃんがお母さんの胸に抱かれて徐々に落ち着いてくる間、同時にお母さんも赤ちゃんのその柔らかな暖かさを受けとめながら疲れた心が慰められるように。わたしはこの境界というものが実は私たちが考えているよりもっとずっと曖昧なものなのではないかという気がしています。

当初4月に開催を予定していたこの作品展は、新型コロナウィルス拡大の影響で延期となりました。個展を計画し始めた時には全く予定していなかった事態が起こり、それはいまだに収束していません。奇しくもこのコロナ禍という、全く別の理由から「touch(ed)」=物理的に人が人やモノに触れる事について一瞬たりとも考えない事のない日常の中で(個展の延期からの半年間の制作期間を経て)展示作品の内容も大きく変わることになりました。

世界中のあらゆる所に暮らす人々が、今同じような不安を抱えていて、またそれをなんとか乗りこえてゆこうとしている今という特殊な時間の中で、その中のひとりとしてのわたしの表現が、受け取る人それぞれの心のどこにどんな風にタッチするのか・・・みなさまとのコミニュケーションを楽しみにしています。

2020年11月

星野 美津子



We are pleased to announce that we will hold Mitsuko Hoshino Solo Show -touched- with the following duration, the show had initially been scheduled in April but postponed under the emergency declaration due to the thread of COVID-19.

In this unexpected situation, Hoshino reconsidered the meaning of 'touched', which is the title of the exhibition, and wrote "Additional note in November 2020". Here we introduce it with the original statement written in February 2020.




Artist's Statement in February 2020


If an artwork is a phenomenon that emerges through the filter of I, the artist, then what is “I”? A water-rich organism bounded by a warm, soft membrane which protects it from the outside world. Yet, there are many borders in this world that divide and separate people even more strongly than our own skin.

When you feel drawn into the blue of the vast sky that gently shimmers on the water surface, the concept of boundaries is unreliable like the barely discernible water surface, and my heart sways freely. The boundary itself, I think, may be mostly an illusion created from ambiguous definitions, subjective interpretations or prejudices ....

The title of this exhibition, touched, is not only the past participle form of the verb to touch - where ‘touch’ can mean not only the movement of one’s hand, but also ’touch of a brush stroke’ on a painting, or a hint of ’touching up’ makes something a little more special - but ’touched’ can also mean ‘blessed’ or ‘moved.’

In my artworks, I aim to touch on barely perceptible boundary surfaces, searching for what is beyond. I hope that these lines, colours and shapes created from what touched my heart in the flow of my live, will gently touch someone else’s heart.

February, 2020

Mitsuko Hoshino

Additional Note in November 2020


As is undoubtedly the case for most of us, the Covid-19 crisis has led me to re-evaluate what it means to “touch” and “be touched”. For example, in Europe, where I live currently, some daily customs such as hugging and kissing friends or stroking the arm of an anxious elderly has been prohibited since March, and that has caused a great deal of confusion and stress for the local people not only physically, but also psychologically.

Touching is a very immediate way of communication, and so is Art.

We are aware of the skin as a boundary between us and the those around us, and at the same time we feel the energy exchange, the sympathy and warmth that passes through this skin, taking place so effortlessly. As a crying baby calms down in the mother's arms, the mother also feels the soft warmth of the baby's body as it comforts her weary heart. I have a feeling that this ‘boundary’ is much more ambiguous than we think.

The exhibition was originally scheduled to be held in April but has been postponed due to the spread of Covid-19. This turn of events was totally unexpected when I started planning this exhibition. During these past six months, for a different reason altogether such as the fear of contracting this virus in our daily lives, we have been restlessly thinking about the meaning of ‘touch - touched’ - the physical contact between people. Naturally, the content of the work in the exhibition has also changed significantly in response to these reflections.

At this particular time when people all over the world are experiencing the same kind of anxiety and desire to move past the pandemic, I wonder how my expression as one these people will touch the hearts of others who view my work. I am looking very much forward to communicating with you.

November, 2020

Mitsuko Hoshino