2019.7.30 - 8.10 プライベートコレクション展 「須田 剋太 ー花と子」〈Private Collection Exhibition - Kokuta Suda〉




ギャラリーピクトルでは、少し早いお盆の特別企画として7月30日から8月10日まで、須田剋太(1906 - 1990)の作品を展示します。


須田剋太は1906年埼玉に生まれ、独学で絵を学んだのち関西へ移り住み、東大寺の土蔵をアトリエとして借り受けて画業に取り組みます。移住前後の1940年頃には、いわゆる官展(文展、日展など)で相次ぎ特選に輝く活躍をしました。その後、埼玉時代から所属していた光風会を辞して国画会へ入会(1949年)、長谷川三郎との出会いをきっかけに具象から抽象へ傾倒し、1950年代から60年代は国内外の美術展で評価を高めます。1970年代から80年代は、司馬遼太郎の『街道をゆく』の挿絵でさらにその名を知られるようになりました。

本展では、須田氏が具象から抽象へ傾倒したのち再び具象へ回帰した1960年代後半から70年代頃に描かれた花々や、1980年代半ばに描かれた田舎の子どもたちなど、水彩・オイルパステルによる作品10点を、須田氏の芸術観を読み解く資料とともに展示します。

(作品は全て個人蔵のため、非売とさせていただきます。)


● 会期  : 2019年7月30日(火) − 8月10日(土)

● 開廊時間: 11:00 〜 18:00 ☆8月2日(金)は16:45終了、8月3日(土)は15:00終了

● 休廊日 : 毎週月曜日

● 会場  : Gallery Pictor(アクセスはこちら


「東大寺椿」 制作年不詳, 水彩



「男児(白絣)」 1985, 水彩/オイルパステル



Kokuta Suda was born in Saitama Prefecture in 1906. After learning painting by himself, he moved to the Kansai area, where he devoted himself to art once in his atelier in an earthen-walled storehouse in Todaiji Temple. In the1940’s, around the moving, he actively worked and was successively awarded of high prizes in the so-called Kan-ten, or national exhibition such as Bun-ten or Ni-ten. In 1949, after leaving the KOFUKAI group, which he’d been with since his Saitama period, he joined the KOKUGAKAI, where he, influenced by Saburo Hasegawa, stepped into abstraction from objective. His jobs were recognized in and outside Japan in the1950’s through 1960’s. In the 1970’s/1980’s, his name appeared a lot as an illustrator for Ryotaro Shiba’s famous travel essays, “Kaido wo Yuku (Along the Main Roads)".

This exhibition shows the flowers drawn in his1960’s through 1970’s, when Mr Suda, after devoting to abstracts, came back to objective, and the rural children in the mid 1980’s. The ten works are drawn with water color or oil pastel. Also, some materials that show Mr. Suda's belief in art will be exhibited. 

( The works are all private-owned so not for sale, sorry)


● Duration : Tue, 30th July - Sat, 10th August, 2019

● Open hours: 11:00 - 18:00  Close at 15:00 on Sat 3rd Aug.

● Close on every Monday.

● Venue : Gallery Pictor ( See Access )