2020.1.18 - 2.9 年初企画展 HOPE / NEXT SHOW: New Year Exhibition HOPE

(English follows after Japanese)

Gallery Pictor(ギャラリーピクトル)では、2020年1月18日(土)〜2月9日(日)まで、年初企画展として《HOPEー12人の画家が描く「希望」にまつわる状景》を開催します。

近年、国際社会における政治的・経済的な緊張や、異常気象による大規模な災害の多発、様々な国・地域で起きる痛ましい事件など、私たちは多くの不安材料に晒されている一方で、過去の悪癖を修正し未来に向かおうとするポジティブな動きも見受けられます。2020年、私たちは何を希望として見出せるのか(見出せないのか)、12人の画家たちが各々の目線で、各々の表現で希望にまつわる状景を描きます。


◆出品作家(各作家の略歴はこちら

 安藤 禮子     蝦名 協子     小川 浩司     肥沼 守

 指原 いく子    関根 洋子     田代 甚一郎    辰巳 隆

 野口 智弘     星 兼雄      村田 聡子     湯川 喜久雄

                              以上 国画会会員・準会員

◆開催概要

 ● 会期  : 2020年1月18日(土) − 2月9日(日) 

        ★1月18日(土) 16:30よりオープニングパーティ(どなたでも参加可能)

 ● 時間  : 11:00 〜 18:00

 ● 休廊日 : 毎週月曜日(祝日の月曜も休廊)

 ● 会場  : Gallery Pictor(アクセスはこちら




  The gallery is going to have a New Year exhibition, “HOPE ― The images created by the Twelve Painters on their own Hope,” from Saturday, 18th Jan. through Sunday, 9th Feb.

  We have recently been facing unrests a lot: political and economic rows among nations, large-scale disasters caused by the expteme weather, or tragic incidents occurring in the various countries/regions. On the other hand, we can surely find positive moves to review the past and create the future.

  What will you find as your hope, if any?

  In this exhibition, the twelve painters show their own HOPE or something through the perspective and the performance of each.


◆Artsts:

ANDO Reiko     EBINA Kyoko     HOSHI Kaneo

KOINUMA Mamoru  MURATA Satoko     NOGUCHI Tomohiro

OGAWA Koji     SASHIHARA Ikuko    SEKINE Hiroko

TASHIRO Jinichiro   TATSUMI Takashi    YUKAWA Kikuo

                      (All of them are members of KOKUGAKAI)


◆About the Exhibition

 ● Duration :Sat, 18th January - Sun, 9th February, 2020

  Opening reception will be held at 4:30pm on 18th Jan.

 ● Open hours: 11:00 - 18:00

 ● Close on every Monday.

 ● Venue : Gallery Pictor ( See Access )