2020.9.20 - 10.10 宮地佳代展「景」/ Kayo Miyaji Solo Show -sight-


当初4月27日から開催予定でした「宮地 佳代 展 -景-」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令により開催を延期しておりましたが、9月22日〜10月10日の日程で開催に向け準備をしております。

ギャラリーでの感染症対策はこちら をご覧ください。


We are pleased to announce that we are working to hold Miyaji Kayo Solo Show with the following duration, the show had initially been scheduled in April but postponed under the emergency declaration due to the thread of COVID-19.

Please see about the measures against the infectious disease at the gallery


(English follows after Japanese)


宮地の描く「風景」は、ある一点の時間や空間を捉えたものではなく、様々な景色の断片を再構成して産まれたものです。風景の要素は、過去に自身が撮影した写真が元になっています。


近年、私たちは日常的に大量に写真を撮り、またそうして撮影された写真を大量に目にします。しかしそれをじっくりと「観る」(観察する)ことはほとんどないでしょう。観察することによって気づくこと、感じることを、作家は追いかけます。


そうして構成された画面は、曖昧で不安定な記憶の中から何か一つの「核」を見つけ出そうとしているかのようです。


◆ ステートメント


 過去に出会った風景の断片。


 出会った時には、注視していなかった。

 思い出の一部、記録の一つとしてシャッターをきったものもある。


 そんな写真を、ジッと見ている内に、部分が気になりだす。

 主として撮ったはずの対象から離れ、背景に写り込んだモノ。

 逆光によって統合されたシルエット…。

 意識は本来の場から離れていく。


 画面は、そんな部分の集合。

 画面との対話の中で、色は変換され、

 再構成された「景」となった。



◆ 宮地 佳代 略歴(詳細はこちら

2001年大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業、2003年同大学院芸術制作研究科修士課程修了。2004年第78回国展新人賞、2019年第93回国展にて損保ジャパン日本興亜美術財団賞、会員推挙。現在、国画会会員。


◆ 開催概要

 ● 会期  : 2020年9月20日(日)〜10月10日(土)

 ● 時間  : 11:00 〜 18:00

 ● 休廊日 : 9/22(火・祝)及び毎週月曜(9/21(月)は営業)

 ● 会場  : Gallery Pictor(アクセスはこちら


Miyaji’s ’Sight’ does not capture a single point of time or space, but is reconstructed from fragments of various sceneries.  The elements of her artworks are produced from pictures taken by herself.


Recently, people take many pictures and see them in daily life. In spite, almost people don’t observe them carefully. But she does. She pursues what she recognizes and feels through observing.


The constructed image looks as if it is trying to find something certain from a vague and unstable memory.


◆ Artist's Statement


 Fragments of sights I have encountered in the past.


 I didn't consciously recognize when I saw them.

 Some were shot by my camera as part of a memory or a record.


 While looking at such pictures, I start to notice ‘the part’, not the main object.

 My consciousness moves away from its original place 

 into the objects that were taken in the background or silhouette integrated by backlight….

 

 I draw pictures which consists of a set of such parts.

 Through the interaction with the composition, the colors are converted 

 and the parts are reconstructed as “Sight”.


◆ Profile of Kayo Miyaji (See the details)

Master's Degree at Graduate School of Osaka University of Arts in 2003. New Face Award at the 78th KOKUTEN * in 2014. Sompo Japan Nipponkoa Award of the 93th KOKUTEN in 2019. Currently a member of KOKUGAKAI.


◆ About the Exhibition

 ● Duration : September 20, Sun - October 10, Sat, 2020

 ● Open hours: 11:00 - 18:00

 ● Close on Sep 22 (Tue) and every Monday except Sep 21.

 ● Venue : Gallery Pictor ( See Access )


「景 - ローズヒップ 」, 30×21.5㎝, アクリル・紙


「景 - #4」, 44×65㎝, アクリル・キャンバス